ご案内

経済状況等の影響により、生産する品種によって、生産量が極端に変化する場合が多々見られます。

企業は、生産量が最大の時に最も多くの作業者を確保する必要があり、生産量が低下した場合は少ない作業者で十分な生産を行うことができます。

オンリーワンの期間工の求人関する情報探しのお役に立つサイトです。

生産量が最大の時に合わせて期間の定めのない作業者を雇用している場合、生産量が低下した時にその作業者を有効に活用できない状態が発生します。即ち、企業の収益状況を大きく悪化させることになります。


企業としては、そのような生産量の変動に対応する方法として、期間の定めのある雇用形態、いわゆる期間工を雇用することになります。

生産量が少ない状態の時に必要な作業者をコアとし、生産量が増加すると予想する場合、不足する作業者を期間工として求人するわけです。
そうすれば、生産量に応じた作業者の確保が行えることになり、企業の収益に貢献することになります。

今よりも楽天市場情報はこちらです。

勿論、一つの企業の生産量が増加する場合、社会全体の経済活動が高い水準になることが考えられるわけですから、すぐに人が採用できるとは限りません。


従って、企業としては、経済状況を判断しながら、早めに期間工の求人を行うこと及びコア要員として、生産量が最低の時よりも多くの作業者を雇用しておくことも必要です。所で、そのような期間工が増加した場合、社会全体としては、経済活動の水準が高い時は求人も多く問題ないでしょうが、経済活動の水準が低下した場合、期間工の求人が少なくなり、失業率の増加に繋がってしまいます。