羽毛布団はリフォームか買い替えか

subpage-img

購入した時はふかふかで柔らかな羽毛布団も、毎日使えば汗などの湿気を吸い、チリやホコリが溜まっていって段々と平らに潰れてしまいます。

使えなくなったら新しく買い替えをする前に、リフォームという手段もあるのでどちらがいいのか布団の状態を見ながら検討して見ると良いでしょう。
羽毛布団のリフォームと言われてもピンとこないかもしれませんが、綿の布団を打ち直す時のように解体して中の羽毛を取り出して洗浄、乾燥をしてから足りない量は羽毛を追加して作り直していきます。
捨てずにもう一度使うというのは環境に配慮できるのでエコになりますし、新品を購入するよりもぐっとお財布にも優しいです。メンテナンスの一環ですから、今使っているものをさらに長く大切に使い続けていくことが出来ます。
一般的に羽毛布団をはじめ、リフォームというのは知られていませんでした。

羽毛布団のリフォームのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

その為、次の布団に買い換えるまで10〜15年ぐらい同じものを使い続けていたという方も少なくありません。


作業を依頼する時期としては、購入してから5〜8年、遅くとも10年経過するまでには一度やっておくと良いでしょう。



その頃にはかなり厚みが減って暖かさもそれほどなくなってきていたりするなど、自分でも変化を感じるはずです。
今は多くの業者が羽毛布団を初めとしたリフォームをしてくれるようになっています。



依頼する前には布団の状態をよく確認して説明も行ってくれる業者に出すようにすると安心です。

top